業務分野

カンボジア事務所

カンボジアは、インドシナ半島の中心という地理上の要衝に位置していること、若くて廉価な労働力が豊富であること、フン・セン首相率いるカンボジア人民党による政権が長期継続し政治が安定していること、外資規制が極めて少なく外国からの投資の受け入れ体制が整っていることなどから、今後、ASEANで最も発展していく国の一つと評価されています。また、ベトナム、タイと国境を接し、賃金コストが上昇してきた両国との分業体制が取りやすい地勢的条件も、投資を後押しし、日本企業にとってASEAN域内での最適生産を担う有力国の一つと言われています。

JBLメコングループのカンボジア・オフィスにおいては、カンボジアにおける実務の運用に詳しい専門家が、あらゆる法分野に対応できる体制を整えております。現地弁護士には、カンボジアを代表する弁護士がヘッドを務めており、カンボジアにおける関係当局との強いパイプを築き上げております。現地常駐日本人弁護士も、カンボジアでの長きにわたる実務経験を有しており、現地弁護士と連携しながら、実務的かつ機敏な対応を行っております。

カンボジア・オフィス代表弁護士: 村上 暢昭
カンボジア・オフィスメンバー数: 20名 (2016年9月1日)

連絡先(日本語対応可)
Tel: +855-236405621
住所: 2nd Floor, Phnom Penh Tower, #445, Monivong Blvd (St. 93/232), Sangkat Boeung Pralit, Khan 7 Makara, Phnom Penh, Cambodia